• Yuko NITTA

高知市のGoTo理美容にワオ!



高知市内で「Go To理美容」クーポンなるものの取扱いが始まったそうです。

これは、利用者にもサロンにも嬉しいですね!

 

高知市内の理美容店で15日、お得なクーポン「高知市Go To 理美容クーポン」の取り扱いが始まった。高知市が新型コロナウイルスの影響で客足が落ちた理美容業を支援しようと始めた。

市が業界団体に事業費用を助成し、団体が発行。5千円分の利用券を3千円で購入できる。クーポンは同日から高知県内の主なスーパーなどで販売したが夕方までに完売した。


2021年4月15日 日経新聞

「高知市が「GoTo理美容」クーポン販売 1日で売り切れ」より引用

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC1525P0V10C21A4000000/

 

2000円もお得なクーポンとは、これはあったら是非買いたいですね。

アメリカでは、サロン利用者のコロナ感染はわずか0.074%という報告も出ており、コロナ禍の中でも、理美容室は比較的安心して利用できる場所であるように思います。


※ 過去の記事、サロン利用者のコロナ感染は0.074%(2021年2月7日付)もご覧ください。


コロナ禍で苦しい業界が色々ある中、特に理美容店を支援しようと決めてくれた理由は何だったのでしょうか。政治的な理由もあるのかも分かりませんが、理美容店を起因とするコロナ感染は多くないということは検討要素の一つにはなっていたのではないかと思います。


これは余談ですが、Go To理美容店、というのは正しい英語ですね。Go Toトラベルは英語文法としてはいま一つなので、なんとなく違和感を感じていました。特に英語でこの話題を話すときに、言葉の不自然さが際立ちます。travel自体に行くという意味合いがあるので、go to travelと言うことは普通はないのです。英語のテストでGo To Travelと書いてしまう小中学生が非常に増えていて困るという記事を読んだこともあります。


他の市町村でもこのような美容業界の支援がされるようになるといいなと思います。